マンションとアパートと一戸建て?どれがベストな物件なの?


物件種別の違いを知ろう

賃貸物件を選ぶときにはマンション、アパート、一戸建てという三種類から選ぶのが一般的です。マンションとアパートは集合住宅になっているのに対して、一戸建ては独立した住宅だというのはよくわかるでしょう。しかし、マンションとアパートはどう違うのかわからず、どっちを選んだら良いか決められないというケースはしばしばあります。実はマンションとアパートには明確な区別がありません。どちらも集合住宅の日本的な呼び方で、全体的な傾向としてはマンションがアパートよりも規模が大きく、作りもしっかりとしているというイメージが持たれています。鉄筋コンクリート造でエレベーターも付いているような場合には通常はマンションと呼ばれます。それに対して木造、鉄骨造の場合にはアパートと呼ばれるのが一般的です。

選び方はどうするべきか

結局どの物件種別を選んだら良いのかということになると、住宅に何を求めるかによって決めることが大切です。独立した空間を手に入れて生活したいなら一戸建てが候補になります。しかし、一戸建てを賃貸すると屋外まで管理しなければならなくなるという覚悟は必要です。一方、安く住みたいと考えたら通常はアパートが安上がりになります。マンションに比べるとエレベーターなどの共有設備にコストがかかっていないので、共益費が安くなりやすいからです。ただし、音や振動などが伝わりやすい構造になっているので、隣人の物音が気になる場合にはマンションにした方が安心でしょう。

札幌の賃貸マンションは、一例としてワンルームなら家具付きで月額3.25万円という安さで借りることができます。契約期間も3ヶ月から選べてとりあえず住んでみたい人にもお勧めです。