不動産賃貸のゼロゼロ物件ってどんなもの?


敷金と礼金がゼロ円でお得な物件

賃貸情報を見ててゼロゼロ物件という言葉を見かけたことがありませんか?ゼロゼロ物件とは、賃貸物件に入居するときにかかる敷金と礼金が0円、つまり敷金も礼金も無料の物件を指します。なかなか借り手がつかない物件の貸し手側の苦肉の策とも受け取れる手段ですが、案外そうとも言えず、貸し手と借り手双方にとってメリットがあります。

敷金も礼金も無料だなんて怪しい物件なのでは!?

そこまで安くして入居者を募集するなんて、怪しい事故物件なのではないか、と心配する人もいるかもしれません。しかし、事故物件ならば不動産仲介会社できちんと事故物件であることを明記して説明することが決められています。ゼロゼロ物件は、そのような物件ではないので安心してください。

ゼロゼロ物件なのに大家さんにメリットはあるの?

なかなか借り手がつかない物件の初期費用を安くすることで、借り手に入居の負担を軽くして入居しやすくするサービスがゼロゼロ物件です。たとえ、敷金や礼金を無料にしても、お得感を感じた人に早く入居してもらった方が、空き家のまま放置するよりも確実に家賃収入を得られるメリットがあります。

敷金の意味を正しく理解していますか?

敷金は、通常は最初に大家さんに預けておくお金のことを言います。その用途は、物件を退去するときに部屋の状態を確認して、借り手の不注意で壊したり汚したりした部分の修繕や交換のための費用として使います。通常は、預けた敷金から修繕費を差し引き、残金を返金してくれるシステムになっています。ゼロゼロ物件は、最初に敷金を預けていないため、修繕費が発生した場合は退去時に請求されます。つまり、最初に預けるか、あとで支払うかだけの違いでしかないわけです。

江別市の賃貸マンション・アパートは、賃料が5万円前後かかるところが多く見受けられます。部屋は広々としていて、地域は落ち着いているので、とても住みやすい物件が多いのが特徴です。