店舗デザインで大切なこと!機能性と外観はどうする?


機能的だと使いやすい

飲食店ではお客さんの接客や配膳をしないといけないので店舗内を動くことを想定してデザインをするのが良いです。特に動線を確保するのは大事で、これが出来ていないとお客さんへの配膳が手間取ってしまうといったデメリットを持ちます。店舗デザイン会社に依頼をすることで動きやすい環境を確保する事ができるので理想的です。全体的なデザインは設備を重視して決めていくと作りやすいので検討してみましょう。整合性を重視した作りか重要で開業計画が決まっていればデザインが決まり、コンセプトが決定していると内装も決まるといえます。

店舗のイメージは大事

デザインをするときにそのお店ではどんな商品を扱っているのかに注目します。たとえば少し高めの商品を扱うお店の場合は客層も裕福な家庭の方が多いため、高級感のある内装にするのが良いでしょう。イメージと客単価がマッチするお店でないと顧客に支持されないので注意です。初めて来るお客さんをいかに確保できるかが重要です。特に日用品を販売するお店は単価の低いお店はできるだけ入りやすいデザインにします。偶然お店の前を通りかかったお客さんが来店しやすいように敷居の低いデザインにすると良いです。また入ってみたくなるような興味をそそるデザインも良いでしょう。外観イコール客層と認識しておけば簡単にデザイン依頼をすることができます。明確ならデザイナーの方も作業をしやすので依頼をする前にある程度重視する部分をリスト化しておくのがおすすめです。

店舗デザインは、店で売る物によってイメージを変えていく必要があります。周辺の店や街との景観に合わせる店も少なくありません。